井戸掘りや温泉開発のことなら業者へ相談|計画を建てることが大切

費用を把握しよう

工事

地質調査の費用は買主負担が一般的

地質調査は、土地の売主が予め土地を売りやすくするために調査を行ってくれていれば別ですが、一般的にそのようなケースはまずありません。買主が費用を負担して地質調査を行うことが一般的です。かといって、土地を購入する前に数万円は必要な地質調査を行うと、地質調査の結果地盤改良が必要と分かったから別の土地を探すとなれば、その数万円が無駄になってしまいます。ですから、一般的には土地を購入することを決めた段階で地質調査を行うことが一般的ですし、その結果地盤改良が必要な場合は、その費用負担ややむを得ない費用として資金計画に加える必要があります。

費用を予め見積もっておくと後で困らない

注文建築で家を建てる場合、資金計画の中に地盤改良の費用を見込んでおく必要があります。仮に地盤改良が不要だった場合は、その分の資金が不要になったとみなすか、もしくは他の費用に振り替えれば良いのです。では実際に地盤改良にどの程度の費用が必要かと言えば、30坪程度の土地であれば100万円程度を見込んでおけば概ねその範囲内で収まります。地盤改良の必要性の基準は地震などの防災対策への意識の高まりに伴い、以前よりも厳しくなってきています。また、川の近くや低地の場合は勿論ですが、周辺の土地の地盤改良が不要だったとしても、自分が購入する土地は地盤改良が必要だったというケースもあります。このような例は、昔その場所が田んぼであった場合や、田んぼに水を引くための水路であった場合などに多く見られるケースです。ですので、昔田園であった場所などの場合、現在が住宅地で周囲が不要だったとしても自分が購入した土地では地盤改良が必要になるかもしれないという可能性を見越しておく必要があるのです。